海外FXのレバレッジについて

海外FX業者のおすすめ

うーっす!たかゆきっしゃ。

今回は海外FXのレバレッジについて説明するっしゃ。

海外FXの魅力はレバレッジの高さ

 

海外FX口座はレバレッジが高いのが魅力っしゃ。
国内FX業者は最大レバレッジが25倍なのに対し、海外FXのレバレッジは250倍~5000倍っしゃ。

レバレッジが高いと少ない証拠金で大きなお金を動かせるっしゃ。

たとえば、レバレッジ25倍の国内口座に10万円入金しても最大で250万円(0.25lot)分の注文しかできないけど、レバレッジ1000倍の海外口座なら最大1億円(10lot)ものお金を動かせるっしゃ。
ロットが多いほど勝った時のお金が大きくなるから、海外FXの方がお金を早く増やすことができるっしゃ。

小さな取引でも大きな収入を得られる

 

あと、スキャルピングのようなコツコツとした取引でもまとまった収入が手に入るっしゃ。

さっきの例でいうと、0.25lotで10pips(10銭)勝った場合、2500円の利益なのにたいし、10ロットで10pips勝ったら10万円もらえるっしゃ!

このように、海外FXでハイレバレッジの取引をしたほうが100倍儲かりやすいっしゃ。

(まあ負けた時の金額も100倍だけどw)

 

海外FX口座のレバレッジ比較一覧表

GEMFOREX 1000倍(最大5000倍)
XM 888倍
TITAN 500倍
TTCM 500倍(実質250倍)
FBS 3000倍
HotForex 1000倍
Axiory 400倍
iFOREX 400倍
bigboss 555倍

 

主要海外FX業者の各レバレッジは上記のようになっているっしゃ。

だいたい500倍~1000倍の業者が多いっしゃ。

中にはFBSの3000倍や、GEMの5000倍(一部の口座のみ)という超ハイレバ業者もあるっしゃ。

ハイレバでも一度に大きな金額の注文をしない

 

でも、1000倍とか2000倍とかの超ハイレバレッジだからといって、一度にたくさんのロットを動かすわけではないっしゃ。
なぜなら、レバレッジが高いからといって、少ない証拠金で多数のロットを注文しても含み損を許容できなくなるからっしゃ。

FXは注文したロットに応じて「証拠金」が発生するっしゃ。

証拠金の分は含み損にカウントされないから、入金した金額-証拠金が含み損を許容できる金額っしゃ。

たとえば、10万円の証拠金で1ロット(10万通貨=1000万円分)注文した場合、たったの78pips負けた時点(78銭)で口座が破たんするっしゃ。
このように、レバレッジが高いといっても、金額に見合った注文をしないと少しでも含み損を抱えた瞬間に口座が破綻するっしゃ。

だから、レバレッジが500~1000倍の海外FX口座の場合でも、証拠金の10倍ぐらいまでのお金を運用するのが正解っしゃ。

入金額の10倍ぐらいが適正ロット

 

ちなみに、海外FXのトレーダーたちはレバレッジ500倍~1000倍の口座でも、普段は入金額の10倍~50倍程度のロット数しか注文しないっしゃ。
どれだけ腕に自信がある人でも入金額の100倍ぐらいまでが限界だと思うっしゃ。
これなら国内口座と変わらないと思っている人もいるかもしれないけどそれは間違いっしゃ。

レバレッジが高いということは証拠金が安いということっしゃ。

そのため、証拠金で口座が圧迫されないから、少ない入金額でも一度に複数のポジションを持てるっしゃ。このため、海外FXはデイトレやスキャルピング、EAの運用などには最適っしゃ。

含み損も多く許容=勝ちやすい

 

さらに、レバレッジが高いと含み損を多く許容できるっしゃ。
レバレッジ25倍の国内口座と比較すると証拠金が数十分の一まで減らせるから、ロスカットに余裕を持たせることができるっしゃ。

ロスカットに余裕があると含み損を国内口座よりも多く許容できるから、結果としてトレードの勝率が上がるっしゃ。

最後に、もう負けそうになったり口座のお金が無くなりそうになったときは、ロット数を上げれば負けを取り戻すことができるっしゃ。
まあ、簡単に言うと普段は低レートのギャンブルでコツコツ稼いで、負けそうなときはレートを上げて負けを取り戻すって感じっしゃ。

このように、海外FX口座のレバレッジはいきなり数百倍のハイレバレッジで運用するのではなく、複数のポジションを持ったり、徐々にレバレッジを上げて運用するのが正解っしゃ。

レバレッジだけでなく約定力やボーナスも加味しよう

 

このように、単にレバレッジが高いからというだけで海外FX口座を選ぶのは間違いっしゃ。
さっきも説明したように、海外FXでも入金額の10~25倍程度の取引がいちばん安全っしゃ。

そのため、レバレッジより約定力とボーナスで海外FX口座は選んだ方がいいっしゃ。

たとえば、TTCMとTITANは最大レバレッジは低い(500倍)けど約定力がかなり高いっしゃ。

あと、XMやGEMのように口座開設ボーナスや入金ボーナスがもらえるところもあるっしゃ。

もちろん、FBSなどの超ハイレバ口座が悪いと言ってるわけじゃないっしゃ。
ただ、おれはこの4つの口座しか開設したことがないし、知り合いでも使っている人が1人もいないから紹介したくないだけっしゃ。

まあ、ネットでも大々的に紹介されてるから悪い業者ではないんだろうけど、何かあったら嫌だから察してくれっしゃ。

まとめ

 

海外FX業者のレバレッジについて説明したっしゃ。
でも、覚えておいてほしいのは、多くの海外FXトレーダーたちはハイレバレッジだからといって一度にたくさんのお金を運用しないっしゃ。
レバレッジが高いことにより少ない証拠金で注文できるため、勝率が高くなるのが最大のメリットっしゃ。

証拠金が口座を圧迫しないから

含み損を多く許容できる
ロスカットが深くなるので勝率が上がる
複数のポジションが持てる

というメリットを享受できるっしゃ。

普段は入金額の10倍~25倍ぐらいでトレードするのが安全だから、レバレッジより約定力とボーナスで決めた方がいいと思うっしゃ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました