海外fxで借金したり大損するリスクはあるの?

海外FX業者のおすすめ

うーっす!今回は海外FXで大損したり借金する可能性について説明するっしゃ。

海外FXのリスクはたった一つ

 

海外FXのリスクはたった一つっしゃ。
それは、口座に預けているお金がゼロ円になるリスク。それだけっしゃ。
一万円預けたのならその一万円がゼロ円になるリスクが発生するし、100万円預けたらそのお金がゼロになるリスクがあるっしゃ。

そして、これ以上のリスクは何ひとつ全くないっしゃ。

ゼロカットだから借金する心配はない

 

これは、海外FXはゼロカットシステムを採用してるからっしゃ。
ゼロカットとは、急な価格変動で損失が口座の入金額を上回った場合でも、マイナス分は一円も請求されないというシステムっしゃ。
ゼロカットシステムがあるからこそ、追証が発生して借金まみれになるリスクがないっしゃ。
このため、海外FXでは大損したり借金したりする心配はほとんどないといえるっしゃ。

入金しすぎには注意

 

ただし、これは海外FXの直接的なリスクの話であって、あなたの愚かな選択で発生するリスクではないっしゃ。
どういうことかというと、海外FXの口座に貯金を全部ぶっこんだり、借金した金でトレードしようとする行為っしゃ。

たとえば、あなたの貯金が100万円しかないのに、100万円を全部入金するのは非常に愚かっしゃ。

もし負けたら借金を負うことはないけど、貯金が全部なくなってすっからかんになるっしゃ。

こう言う計画性のない人が貯金を全部溶かして

 

海外FXは危険だ~!やっぱりハイレバはリスクが高いからみんな止めようぜ!

とかほざいてるっしゃ。リスクが高いのは海外FXではなくこいつの資金管理と金銭感覚っしゃ。

借金したお金を運用するのは絶対ダメ!

 

あと、借金した金を運用しようとするのも非常に危険っしゃ。

そもそも、借金した金でFXして、そのうえでレバレッジかけるとか正気か?と思うかもしれないけど本当にこういうことする奴はいるっしゃ。

正気の状態ならほとんどの人は借金してまでFXをやるのはどれだけリスクが高いかわかると思うけど、負けが込んでると人間何をするかわからないっしゃ。
たとえばFXで大損を出してしまい、負けを取り戻すために借金した金を口座に入金しようとすることはよくあるっしゃ。

このように、怖いのは海外FXではなく人間の心理であるということを十分に理解するっしゃ。

海外FXで大損しないためには

 

海外FXで大損しないためには、まず入金額を負けても痛くない額に抑えるっしゃ。
貯金の半分とか、貯金全額とか、いわゆる命金を絶対に入金してはいけないっしゃ。

海外FXは入金額に比例してボーナスがもらえるけど、含み損は元本から引かれるし、引き出すとボーナスは全部消滅するっしゃ。
だから、ボーナス目当てに大金を入金すると後でえらいことになるから絶対にやめるっしゃ。

人は命金がなくなりそうになると平常心を保てないから、負けが込むとリスクの高いトレードを始めるっしゃ。

口座の10~15%までが目安

 

そうならないように、だいたい貯金の10%~20%ぐらいのお金までしか入金しないようにするっしゃ。
いちばんいいのはなくなってもなんともない金額しか入金しないことっしゃ。俺の場合、今150万ぐらい貯金があるけど、そのうちなくなってもなんとも思わないのはたぶん15万ぐらいっしゃ。

まあ、金銭感覚は人によって違うけど、なくなって痛いと思う金額を損した時、人は平常心を保てなくなるということを覚えておくっしゃ。

ロット数を抑えて取引する

 

次に、ロット数を通常時は抑えて取引するっしゃ。
あまりにも高いロットで運用すると含み損を許容できなくなるから、あっというまにお金が溶けてなくなるっしゃ。

海外FXのハイレバレッジの利点は資金管理が容易になるという点であり、決して射幸性の高いギャンブルができるからみんな使っているわけではないっしゃ。

ほとんどの専業トレーダーは、海外FXでも証拠金の10倍~25倍のロットでトレードしてるっしゃ。

そして、彼らはマックス100倍ぐらいまでのロットしか賭けないっしゃ。

海外FXのレバレッジについてはこの記事で詳しく説明してるっしゃ。

海外FXのレバレッジについて
海外FXのレバレッジについて各社の一覧表つきで説明します。レバレッジが高い=儲かりやすいというわけではありません。レバレッジの正しい理解についても解説していきます。

まとめ

 

海外FXではゼロカットシステムが採用されているっしゃ。口座に入金した額以上の負債を背負うリスクは一切ないから、大損したり借金する可能性は全くないっしゃ。
それでも借金したりするやつがいるのは、単純にそいつの資金管理とメンタルがアホなだけっしゃ。

貯金の10~20%までしか入金しない
通常はロット数を証拠金の10~25倍程度に抑えて取引する

この2つを守ればいきなり大損するリスクはかなり抑えられるからやってみてほしいっしゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました